横浜市の入管ビザ申請手続き

横浜市
横浜市全域

ビザ申請(横浜市対応)

 

行政書士浅岡正道事務所(VISA RISING-SUN)では、神奈川県全域・横浜市を中心に、外国人が日本で在留するための在留資格(ビザ)の入国管理局における申請手続に専門で対応している事務所です(事務所→横浜市中区・横浜中華街すぐ)。

 

外国人を雇用した場合の就労ビザ申請や、国際結婚による結婚ビザの申請などが代表的なものですが、その他、入国管理局におけるビザ申請に専門で対応しております。

どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。

  

◎国際結婚した場合の配偶者ビザ申請 

◎外国人雇用による就労ビザ申請 

◎その他、入国管理局における下記のようなビザ申請

  

  就労ビザ    

外国人を雇用したい         ✤ 会社を転職した  

 留学生の就職や、外国人の採用・招へいによる就労ビザの取得。

 転職時の入国管理局への届出、就労資格証明書の交付、転職を伴う更新の場合。

 国際結婚ビザ    

国際結婚した  

 外国人妻・夫と日本で暮らしたい場合の配偶者ビザ申請。

 ビザ更新    

ビザを更新したい  

 就労ビザや日本人配偶者ビザなどの在留期間更新許可申請(ビザ更新)。

  永住ビザ    

日本に永住したい  

 ずっと日本で生活していきたい。永住許可(永住ビザ)申請。

 

  経営ビザ    

日本で会社を経営したい 

 日本で会社を設立して事業を始めたい。経営管理ビザ(投資経営)。

 ビザ不許可時の対応    

自分で申請して失敗した   

 出頭通知のハガキが来ている、不許可となった、再申請したい場合の対応。

 家族滞在ビザ    

家族を日本に呼び寄せたい   

 配偶者や子を日本に呼びたい場合の家族滞在ビザ、定住者ビザ。

           

 子供のビザ    

子供が生まれた  

 子供が生まれたので子供のビザが欲しい。30日以内にビザ申請が必要。

 離婚とビザ    

日本人と離婚した  

 定住者ビザや他の在留資格への変更の検討。

 短期滞在ビザ    

知人・親族を短期滞在で呼びたい 

 海外の現地大使館での短期滞在ビザ申請用の書類作成。

 帰化    

日本国籍を取得したい 

 帰化申請(管轄の法務局)。

ビザ申請が必要なとき     

                   

 国際結婚、外国人の雇用・採用、留学生の就職、そのほか転職、会社設立、ビザ更新、家族の呼び寄せ、両親を短期滞在で日本に呼ぶ場合や、永住ビザなど、入国管理局でビザ申請が必要になってきます。

 

 しかしビザ申請には、その取得要件や必要書類、入国管理局の場所や管轄などを調べ、書類を用意して直接入管に行って申請しなければなりません。当事務所では、このような場合のビザ申請のサポートを専門で行っておりますので、どうぞお気軽にご相談ください(神奈川県横浜市の行政書士浅岡正道事務所)。

 

 ご相談は無料となっております。電話相談・メール相談のほか、事務所での相談、出張相談もいたしております。また料金体系は非常に簡潔であり申請後に追加料金をいただくといった心配はございませんし、成功報酬制を採用しているため不許可の場合に無駄な多額の出費の心配はございません(一部を着手金としていただいております)。

まずはお気軽にご相談ください。

  申請場所     


横浜市におけるビザ申請の管轄は、東京入国管理局(品川)横浜支局(金沢区)川崎出張所があります。

  当事務所でのご依頼料金     

 当事務所にてビザ申請のご依頼いただいた場合の料金は、それぞれのビザ(在留資格)ごとに設定されております。着手時に料金の一部を着手金としていただき、残りの部分は許可取得時に成功報酬としていただいております。 

代表的な就労ビザ、結婚ビザの基本的な料金は以下になります。なお、複数人の同時申請では割引料金にてお見積りさせていただきますので、ぜひお問合せください。

 

【就労ビザ料金】

 

料金80,000円(消費税6,400円)

 

※料金のうち一部を着手金とし、残りを成功報酬とします。

※変更の方は許可時に入国管理局へ4千円の支払が必要です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【結婚ビザ料金】

着手金43,200円

 

成功報酬64,800円

※着手金は不許可でも返金できません。

※変更の方は許可時に入国管理局へ4千円の支払が必要です。

その他の詳細な料金につきましては「料金について」をご覧ください。

 

横浜市の外国人意識調査について

横浜市では外国人の意識調査を行っておりますが、平成25年度に行われた意識調査では、「困っていること」として、

「1位 日本語の不自由さ」

「2位 仕事さがし」

「3位 病院・診療所に外国語のできる人がいない」

「4位 税金」

「5位 外国語の通じる病院・診療所の探し方」

という結果が出ました。言葉に関する問題がほとんどを占めていることがわかります。

病院の受診時に通訳が見つからないと回答した人も多くいます。

また東日本大震災時において母国語での緊急情報の収集に困難を感じた人が30%もいました。

 

 外国語の翻訳や通訳、語学指導のために外国人を雇用する場合は「人文知識国際業務」という就労ビザの取得が必要となります。

要件としては大学を卒業している場合には基本的な要件を満たし、また大学を卒業していない場合でも3年以上の実務経験があれば要件を満たします。是非とも多くの外国人が暮らしている横浜の地域活性や、今後更に進む国際化社会において外国人の雇用促進と地域活性のためにこの分野での外国人マンパワーの活性化がのぞまれます。

 

神奈川県サイト多言語情報一覧

 

神奈川労働局外国人雇用サービスコーナー

 

横浜市役所ホームページ

 

横浜市の外国人在留状況

 平成26年度1月1日現在における神奈川県内の外国人数の統計データによると、横浜市の外国人数は以下のようになっております(統計データ抜粋)。

 横浜市はその開港当初から国際都市として外国人との関わりが大きい都市です。山手には教会や西洋館も多く、インターナショナルスクールもあります。また明治期から日本の近代化に貢献した欧米人たちの足跡も多く残り、彼らの墓地として山手外人墓地があります。山手・元町の近傍、山下町には横浜中華街を抱えており、また関内・伊勢佐木町方面、南区においても外国人の在留が多いのが特徴です。また近年、みなとみらい地区などに外資系企業の進出もみられ、今後ともに日本の国際都市としての代表的な場所といえます。

横浜に育った者であれば、時々口ずさむことがあるかもしれません

「されば港の数多かれど、この横浜に優るあらめや。むかし思えば苫屋のけむり、ちらりほらりと立てりしところ。今は百船百千船、泊る所ぞ見よや。果てなく栄えて行くらん御代を、飾る宝も入り来る港」

地域 外国人数
神奈川県 160,605名
横浜市 75,283名
中区 14,892
鶴見区 9,482

南区

7,584名
港北区 5,080
神奈川区 4,880
保土ヶ谷区 4,202
西区 3,526
磯子区 3,218
青葉区 3,112
戸塚区 3,023
緑区 2,570
泉区 2,547
都筑区 2,521
金沢区 2,183
港南区 2,055
旭区 2,039
瀬谷区 1,426
栄区 943

順位・国籍 人数
1位 中国 31,231名

2位 韓国・朝鮮

13,994名
3位 フィリピン 6,642名

海外と日本とをつなぐ架け橋 行政書士浅岡正道事務所 東京・神奈川・横浜・川崎

   翻訳   (translation)

神奈川県
行政書士会所属

神奈川県横浜市中区

申請取次行政書士

  

Google+

【対応地域】

神奈川、東京など

日本全国対応可能

【横浜18区】

中区、青葉区、旭区
泉区、磯子区、神奈川区
金沢区、港南区、港北区
栄区、瀬谷区、都筑区
戸塚区、鶴見区、西区
保土ヶ谷区、緑区、南区

 【神奈川県】

横浜市

川崎市、相模原市

横須賀市、平塚市

鎌倉市、藤沢市

小田原市、茅ヶ崎市

逗子市、三浦市、秦野市、厚木市、大和市、伊勢原市

海老名市、座間市

南足柄市、綾瀬市

三浦郡葉山町

愛甲郡愛川町、清川

高座郡寒川町

中郡大磯町、二宮町

【足柄上郡】

中井町、大井町、松田町

山北町、開成町

【足柄下郡】

箱根町、真鶴町、湯河原町

  【東京都】

中央区、港区、新宿区

文京区、台東区、墨田区

江東区、品川区、目黒区

大田区、世田谷区、渋谷区

中野区、杉並区、豊島区

北区、荒川区、板橋区

練馬区、足立区、葛飾区

江戸川区

町田市、八王子市、多摩市

狛江市、稲城市

 

 

おねがい行政書士

日本全国から行政書士を

探せるサイト

行政書士事務所.com

行政書士事務所が検索できる『行政書士事務所.com』