本人の代わりに申請できる?

外国人の申請人本人に代わって、入国管理局にビザの申請ができるかが問題となることがあります。

 

 たとえば、未成年の子供の在留ビザの手続は親が代わりに行うことができます。これは法定代理に基づいたものですが、その他にも代理人として認める者の範囲が入管法にあり、たとえば日本人が外国人と結婚した場合に、海外からその配偶者となった外国人を日本に呼び寄せるための申請をする場合、その外国人本人に代わって日本人配偶者の方が入国管理局に申請することができます。外国人本人が日本にいないので、このような形で代理申請を認めるほうが都合がいいからです(短期滞在等で日本に来ている場合にはもちろん本人が申請してもかまいません)。

 

 入管法施行規則では日本人の配偶者等の在留資格認定証明書交付申請につき「日本に居住する本人の親族」が申請の代理人になることができると規定していおります。また弁護士や行政書士など一定の資格を有する者については申請取次という形で申請を取り次ぐことができます。この申請取次という制度は代理人の制度とはちがうのですが、厳密な違いはここでの説明を省かせていただきますが、とにかく申請書を本人に代わって入国管理局に提出することができます。

 

 また、たとえば外国人が日本の会社で就職が決まり、日本に呼び寄せるためにする在留資格認定証明書交付申請をする場合も、その会社の職員が代理人として入国管理局にビザの申請をすることができます。やはりこの場合も弁護士や行政書士など一定の資格を有する者については申請取次という形で申請を取り次ぐことができます。 

 

   翻訳   (translation)

神奈川県
行政書士会所属

神奈川県横浜市中区

申請取次行政書士

  

Google+

【対応地域】

神奈川、東京など

日本全国対応可能

【横浜18区】

中区、青葉区、旭区
泉区、磯子区、神奈川区
金沢区、港南区、港北区
栄区、瀬谷区、都筑区
戸塚区、鶴見区、西区
保土ヶ谷区、緑区、南区

 【神奈川県】

横浜市

川崎市、相模原市

横須賀市、平塚市

鎌倉市、藤沢市

小田原市、茅ヶ崎市

逗子市、三浦市、秦野市、厚木市、大和市、伊勢原市

海老名市、座間市

南足柄市、綾瀬市

三浦郡葉山町

愛甲郡愛川町、清川

高座郡寒川町

中郡大磯町、二宮町

【足柄上郡】

中井町、大井町、松田町

山北町、開成町

【足柄下郡】

箱根町、真鶴町、湯河原町

  【東京都】

中央区、港区、新宿区

文京区、台東区、墨田区

江東区、品川区、目黒区

大田区、世田谷区、渋谷区

中野区、杉並区、豊島区

北区、荒川区、板橋区

練馬区、足立区、葛飾区

江戸川区

町田市、八王子市、多摩市

狛江市、稲城市

 

 

おねがい行政書士

日本全国から行政書士を

探せるサイト

行政書士事務所.com

行政書士事務所が検索できる『行政書士事務所.com』