投資経営ビザ

 日本で、外国人が会社を経営したいという場合に必要となるのが投資経営という在留資格です。ただし永住者などの就労に制限のない在留資格をすでに保有している方はもちろん不要です。要件としては500万円以上の投資がなされることと(または日本在住者を2人以上雇用する)、日本において事業所を確保することが必要となります。

この2つの点を明確に証明できる状態での申請が必要になるということです。

 たとえば500万円の投資であれば、そのお金が誰のもので、どのような形で貯蓄または取得されたのか、またどのような流れで現在の銀行口座に保有されているのかなど、はっきりとした証明が必要になってきます。

 事業所の確保であれば、しっかりとした賃貸借契約が結ばれているのか、他の事業所と併設されている場合には独立した事業所として認められる状態であるのかなどが必要となります。

 また事業計画書上において事業の安定性や継続性があるかなども判断材料となります。そして会社設立手続きなども伴うために非常に綿密な準備が必要となるのが投資経営という在留資格です。難しい在留資格といっていいと思います。


 この投資経営という在留資格は、来年の入管法改正によって経営管理とい在留資格へ変更が予定されております。投資という部分がなくなるわけですが、これによってどのような形になっていくかはまだ明確にはなっておりませんが、少なくとも言えることは、いままでは外国人の投資や資本による会社においての経営について投資経営という在留資格が該当すると判断できたわけですが、今後は資本の基礎がどこの国に所在するかに関わらず、会社等を経営または管理する業務には経営管理という在留資格が該当するという広範な判断ができることになりそうです。

 また現在要求されている500万円以上の出資という部分が今後どうなっていくかは注視していく必要があります。


   翻訳   (translation)

神奈川県
行政書士会所属

神奈川県横浜市中区

申請取次行政書士

  

Google+

【対応地域】

神奈川、東京など

日本全国対応可能

【横浜18区】

中区、青葉区、旭区
泉区、磯子区、神奈川区
金沢区、港南区、港北区
栄区、瀬谷区、都筑区
戸塚区、鶴見区、西区
保土ヶ谷区、緑区、南区

 【神奈川県】

横浜市

川崎市、相模原市

横須賀市、平塚市

鎌倉市、藤沢市

小田原市、茅ヶ崎市

逗子市、三浦市、秦野市、厚木市、大和市、伊勢原市

海老名市、座間市

南足柄市、綾瀬市

三浦郡葉山町

愛甲郡愛川町、清川

高座郡寒川町

中郡大磯町、二宮町

【足柄上郡】

中井町、大井町、松田町

山北町、開成町

【足柄下郡】

箱根町、真鶴町、湯河原町

  【東京都】

中央区、港区、新宿区

文京区、台東区、墨田区

江東区、品川区、目黒区

大田区、世田谷区、渋谷区

中野区、杉並区、豊島区

北区、荒川区、板橋区

練馬区、足立区、葛飾区

江戸川区

町田市、八王子市、多摩市

狛江市、稲城市

 

 

おねがい行政書士

日本全国から行政書士を

探せるサイト

行政書士事務所.com

行政書士事務所が検索できる『行政書士事務所.com』