アルバイトをするには(資格外活動許可)

 留学生がアルバイトをするには資格外活動許可を取らなければなりません。

ただし週に28時間までしか認められませんのでご注意ください(なお学則で定める長期休業期間・夏休み等については1日8時間以内)。

 

 なお学校に全然行っていないのにアルバイトをするために資格外活動許可をもらうというのはアルバイトするために日本に在留しているのと変わらず本末転倒ですので、学業をしっかりやった上で、その学業に支障のない範囲でのみ認められるのが資格外活動許可です。

 

 また時給がいいからといって風俗営業等のアルバイトをすることは認められていません。これらのことをしっかり守っておかないと、今後も継続して日本で在留を希望する場合には大きな障害になってきますので注意して下さい。

 

 また、家族滞在の在留資格で在留している外国人も同様に資格外活動許可を得てアルバイトをすることができます。なお家族滞在者においては、扶養者(就労資格を有している夫または妻または父母)の収入を明らかに超えるような就労を行うということになると、そもそも扶養されて一緒に生活するために日本での在留が認められているのが家族滞在なので、独立して生活できるとなると資格外活動の問題というより就労系資格への変更を検討する必要性が生じてきます。

 

 なお就労資格を有する外国人が(人文知識国際業務、技能、技術等)、本来の仕事以外にもアルバイトをするために資格外活動許可をとれるかですが、就労資格で在留している外国人には単純労働での資格外活動許可は認められないといっていいでしょう(飲食店店員や工場作業等)。単純労働でない仕事、たとえば本業に支障がない場合において翻訳や通訳をするといったような場合が考えられますが、このような場合であれば資格外活動許可を認めていただける可能性もありえます(ただしその業務の在留資格に該当するような学歴・経験が必要です)。

 

 なお在留資格は二重に付与されることはありません。よって人文知識国際業務以外の在留資格で在留されている方が、翻訳・通訳の仕事をするために人文知識国際業務の在留資格を取得しようと考えた場合、たとえ大学で語学を学んでいたとか、3年以上翻訳をしていた職業上の経験があるからといって人文知識国際業務の在留資格を重ねて取得するということはできません。

   翻訳   (translation)

神奈川県
行政書士会所属

神奈川県横浜市中区

申請取次行政書士

  

Google+

【対応地域】

神奈川、東京など

日本全国対応可能

【横浜18区】

中区、青葉区、旭区
泉区、磯子区、神奈川区
金沢区、港南区、港北区
栄区、瀬谷区、都筑区
戸塚区、鶴見区、西区
保土ヶ谷区、緑区、南区

 【神奈川県】

横浜市

川崎市、相模原市

横須賀市、平塚市

鎌倉市、藤沢市

小田原市、茅ヶ崎市

逗子市、三浦市、秦野市、厚木市、大和市、伊勢原市

海老名市、座間市

南足柄市、綾瀬市

三浦郡葉山町

愛甲郡愛川町、清川

高座郡寒川町

中郡大磯町、二宮町

【足柄上郡】

中井町、大井町、松田町

山北町、開成町

【足柄下郡】

箱根町、真鶴町、湯河原町

  【東京都】

中央区、港区、新宿区

文京区、台東区、墨田区

江東区、品川区、目黒区

大田区、世田谷区、渋谷区

中野区、杉並区、豊島区

北区、荒川区、板橋区

練馬区、足立区、葛飾区

江戸川区

町田市、八王子市、多摩市

狛江市、稲城市

 

 

おねがい行政書士

日本全国から行政書士を

探せるサイト

行政書士事務所.com

行政書士事務所が検索できる『行政書士事務所.com』