離婚後のビザ(在留資格)

日本人、永住者、その他の就労系資格で在留されている方の配偶者(夫または妻)が、離婚後も日本に在留するためのビザ(在留資格)をどうすればよいかといった相談がよくあります。

日本人・永住者の配偶者だった方については「定住者」という選択肢をまず検討いたしますが、非常に難しい申請となります。婚姻期間・在留期間がどれほどあるかという点と、今後も日本で生活していくための収入・職業があるかという点が重要なポイントとなります。また子供がいる場合にはその子供を引き取って日本で養育していくという事実があるかという部分は最も重要な部分です。

 

 技術・技能・人文知識国際業務などの就労資格で在留されている方の配偶者(夫または妻)として家族滞在で在留されている方が離婚後も日本に在留を希望される相談もまたよくございます。たとえば日本に在留されている中国人夫婦が離婚後、家族滞在として日本に在留されていたその妻または夫が日本に引き続き在留を希望する場合です。この場合には定住者ではなく就労資格への変更を検討いたします。よって職業があるかないかが大きなポイントになってきます。

 

また資金に余裕がある場合であれば留学の在留資格で日本で一定の資格を取得し、就職先を見つけて就労系資格へ変更という方法もございますが、あまり現実的ではありません。

なお注意が必要ですが、たとえ現在の在留期間に余裕があっても、離婚後は日本人・永住者の配偶者では6ヶ月、家族滞在者では3カ月を経過しますと、在留資格の取消の対象となりますので、それまでには何かしらの対応が必要となってきます。

 

離婚とビザの詳細ページへ

 

   翻訳   (translation)

神奈川県
行政書士会所属

神奈川県横浜市中区

申請取次行政書士

  

Google+

【対応地域】

神奈川、東京など

日本全国対応可能

【横浜18区】

中区、青葉区、旭区
泉区、磯子区、神奈川区
金沢区、港南区、港北区
栄区、瀬谷区、都筑区
戸塚区、鶴見区、西区
保土ヶ谷区、緑区、南区

 【神奈川県】

横浜市

川崎市、相模原市

横須賀市、平塚市

鎌倉市、藤沢市

小田原市、茅ヶ崎市

逗子市、三浦市、秦野市、厚木市、大和市、伊勢原市

海老名市、座間市

南足柄市、綾瀬市

三浦郡葉山町

愛甲郡愛川町、清川

高座郡寒川町

中郡大磯町、二宮町

【足柄上郡】

中井町、大井町、松田町

山北町、開成町

【足柄下郡】

箱根町、真鶴町、湯河原町

  【東京都】

中央区、港区、新宿区

文京区、台東区、墨田区

江東区、品川区、目黒区

大田区、世田谷区、渋谷区

中野区、杉並区、豊島区

北区、荒川区、板橋区

練馬区、足立区、葛飾区

江戸川区

町田市、八王子市、多摩市

狛江市、稲城市

 

 

おねがい行政書士

日本全国から行政書士を

探せるサイト

行政書士事務所.com

行政書士事務所が検索できる『行政書士事務所.com』