平成27年度入管法改正について

平成27年度から施行される入管法の改正について簡単にご説明します。

 まず平成27年度1月1日から施行されるものに、在留資格「留学」のビザの変更があります。従来は高校・専門学校・大学・大学院等を対象としていましたが、それに小中学校における教育も含まれることになりました。すなわち日本の小学校・中学校で教育を受けるために「留学」の在留資格を取得して来日することができます。いままではそれに該当する在留資格がなかったため、日本の小学校・中学校で学ぶことを目的とした来日には短期滞在を繰り返すなどするしかありませんでした(なお家族滞在の在留資格を有している外国人の子女等が日本の小中学校に通う場合に留学の在留資格を取得しなければならないわけではありません)。

 

 また平成27年度4月1日から施行されるものに、在留資格「投資経営」が「経営管理」に名称を変更し、また「技術」と「人文知識国際業務」が統一されて「技術・人文知識国際業務」に名称を変更するというものがあります。

 

 在留資格「投資経営」が「経営管理」に変わることで具体的に何が変わるのかは省令や通達をまたなければ明確にはなりませんが、すくなくともいままでは外国資本の会社で経営者・管理者として働く場合を投資経営の範囲としていましたが、投資という部分が削られることで、資本の所在に関係なく会社での経営管理活動につき「経営管理」という在留資格が与えられるという意志を示したものと考えられます。また、外国人が日本で会社を設立する場合において現在要求されている500万円以上の資本や、2人以上の日本人を雇用する必要性などの規定がどのようになるかは今後の動向を注視していく必要があります。

 

 在留資格「技術」・「人文知識国際業務」が包括的に「技術・人文知識国際業務」に変わるという点については、そのまま受け止めてよいと思います。すなわち、いままでは技術にあたるのか、人文知識国際業務にあたるのか明確にできないような事例で申請に迷うことがありましたが(たとえば翻訳ソフトの開発など)、今後はそのようなことがなくなりそうです。

 

 最後に、在留資格に関わるものの改正として「高度人材制度」があります。平成27年度4月1日施行により今後は「高度専門職第1号」「高度専門職第2号」という在留資格が創設されることとになります。いままでは高度人材は特定活動という在留資格を付与することで優遇措置を設けておりましたが、今回の改正で具体的に高度専門職という在留資格を設けることになりました。また高度専門職第1号として一定期間在留した者には高度専門職第2号として永住資格に比肩するほどの優遇措置を与えることになりそうです。

   翻訳   (translation)

神奈川県
行政書士会所属

神奈川県横浜市中区

申請取次行政書士

  

Google+

【対応地域】

神奈川、東京など

日本全国対応可能

【横浜18区】

中区、青葉区、旭区
泉区、磯子区、神奈川区
金沢区、港南区、港北区
栄区、瀬谷区、都筑区
戸塚区、鶴見区、西区
保土ヶ谷区、緑区、南区

 【神奈川県】

横浜市

川崎市、相模原市

横須賀市、平塚市

鎌倉市、藤沢市

小田原市、茅ヶ崎市

逗子市、三浦市、秦野市、厚木市、大和市、伊勢原市

海老名市、座間市

南足柄市、綾瀬市

三浦郡葉山町

愛甲郡愛川町、清川

高座郡寒川町

中郡大磯町、二宮町

【足柄上郡】

中井町、大井町、松田町

山北町、開成町

【足柄下郡】

箱根町、真鶴町、湯河原町

  【東京都】

中央区、港区、新宿区

文京区、台東区、墨田区

江東区、品川区、目黒区

大田区、世田谷区、渋谷区

中野区、杉並区、豊島区

北区、荒川区、板橋区

練馬区、足立区、葛飾区

江戸川区

町田市、八王子市、多摩市

狛江市、稲城市

 

 

おねがい行政書士

日本全国から行政書士を

探せるサイト

行政書士事務所.com

行政書士事務所が検索できる『行政書士事務所.com』