入管に住所変更の届出は必要?

外国人の方が、日本で住所を変更した場合、現在は日本人と同様に、住所は住民票で管理されていますので、他の市区町村への住所変更では、現在の住所地の市区町村役場において転出届をし「転出証明書」を取得します。この証明書と在留カードを持って新たな市区町村役場において、住所変更したときから14日以内に転入届を出す必要があります(なお同市区町村での住所変更では転居届をすれば足ります)。

現在の市町村でも、転出先の市町村でも届出が必要なことに注意してください。


市区町村で上記の住所変更の届出をすれば、入国管理局(法務大臣)において改めて住所変更の届出をする必要はありません。


なお住所を変更したのに90日以内に新住居地の届出をしなかった場合には在留資格が取り消される可能性があり(ただし正当な事由がある場合を除く)、また20万円以下の罰金に処されますのでご注意ください。

また住所変更につき虚偽の届出をした場合には1年以下の懲役または20万円以下の罰金に処されます。


   翻訳   (translation)

神奈川県
行政書士会所属

神奈川県横浜市中区

申請取次行政書士

  

Google+

【対応地域】

神奈川、東京など

日本全国対応可能

【横浜18区】

中区、青葉区、旭区
泉区、磯子区、神奈川区
金沢区、港南区、港北区
栄区、瀬谷区、都筑区
戸塚区、鶴見区、西区
保土ヶ谷区、緑区、南区

 【神奈川県】

横浜市

川崎市、相模原市

横須賀市、平塚市

鎌倉市、藤沢市

小田原市、茅ヶ崎市

逗子市、三浦市、秦野市、厚木市、大和市、伊勢原市

海老名市、座間市

南足柄市、綾瀬市

三浦郡葉山町

愛甲郡愛川町、清川

高座郡寒川町

中郡大磯町、二宮町

【足柄上郡】

中井町、大井町、松田町

山北町、開成町

【足柄下郡】

箱根町、真鶴町、湯河原町

  【東京都】

中央区、港区、新宿区

文京区、台東区、墨田区

江東区、品川区、目黒区

大田区、世田谷区、渋谷区

中野区、杉並区、豊島区

北区、荒川区、板橋区

練馬区、足立区、葛飾区

江戸川区

町田市、八王子市、多摩市

狛江市、稲城市

 

 

おねがい行政書士

日本全国から行政書士を

探せるサイト

行政書士事務所.com

行政書士事務所が検索できる『行政書士事務所.com』