永住許可申請

 日本に在留している外国人が日本で永住を希望する場合にするのが永住許可申請です。

永住を許可していただくには一定の要件がございます。また永住許可申請には結果が出るまでに数カ月以上かかりますので、申請中であっても現在の在留資格の在留期間の満了がせまっている時には在留期間の更新許可申請をしなければなりませんので注意して下さい。

なお永住許可申請期間中であっても海外に出国することはできます。

 

  申請人     


  申請人は原則外国人本人です。なお法定代理人が代わりに申請することもできます。

そのほか申請取次行政書士が申請を取り次ぐことができます。


 審査期間   


  4カ月以上。なお現在の在留資格の期間が満了するまえに、たとえ永住許可申請中であっても更新申請はしなければならないことに注意して下さい。

 

 必要書類  


  下記をご参考ください。なお申請の状況によって、その他の書類も必要となる場合がございます(翻訳文や理由書など)。

永住許可申請書
永住許可申請書.pdf
PDFファイル 119.9 KB

               必要書類(永住・就労系資格から)

【共通書類】

1 永住許可申請書

 

2 写真(縦4cm×横3cm) 申請書に貼り付けます。申請前3カ月以内のもの。

  無帽・無背景・正面撮影。鮮明なもの。裏に申請者の氏名を記載します。

  

3 理由書

  ・永住を希望する理由を記載したもの(日本語以外のときは翻訳必要)

 

4 申請人の住民票(世帯全員記載のもの)

  

5 申請人の職業・収入を証する文書

  ・在職証明書(会社勤務)

  ・確定申告書控えの写し・営業許可証の写し・職業に係る説明文(自営業)

  

6 住民税の課税証明書および納税証明書(過去3年分)

  

7 申請人の資産を証明するもの

  ・預金通帳の写し・預金現在高証明書

  ・不動産の登記簿謄本

  ・その他


8 パスポートおよび在留カードの提示

 

9 身元保証書


10 身元保証人の課税証明書および納税証明書(直近1年)


11 身元保証人の在職証明書、住民票


12 我が国への貢献に係る資料等

   ・表彰等


※日本の発行文書は3カ月以内のも

※外国の文書は、日本語に翻訳したものも併せて提出すること


海外と日本とを繋ぐ架け橋、外国人VISAのことなら

入国管理局 申請取次行政書士 浅岡正道

 

東京・神奈川、横浜・川崎・相模原など首都圏対応

お問い合せはこちら             料金はこちら

   翻訳   (translation)

神奈川県
行政書士会所属

神奈川県横浜市中区

申請取次行政書士

  

Google+

【対応地域】

神奈川、東京など

日本全国対応可能

【横浜18区】

中区、青葉区、旭区
泉区、磯子区、神奈川区
金沢区、港南区、港北区
栄区、瀬谷区、都筑区
戸塚区、鶴見区、西区
保土ヶ谷区、緑区、南区

 【神奈川県】

横浜市

川崎市、相模原市

横須賀市、平塚市

鎌倉市、藤沢市

小田原市、茅ヶ崎市

逗子市、三浦市、秦野市、厚木市、大和市、伊勢原市

海老名市、座間市

南足柄市、綾瀬市

三浦郡葉山町

愛甲郡愛川町、清川

高座郡寒川町

中郡大磯町、二宮町

【足柄上郡】

中井町、大井町、松田町

山北町、開成町

【足柄下郡】

箱根町、真鶴町、湯河原町

  【東京都】

中央区、港区、新宿区

文京区、台東区、墨田区

江東区、品川区、目黒区

大田区、世田谷区、渋谷区

中野区、杉並区、豊島区

北区、荒川区、板橋区

練馬区、足立区、葛飾区

江戸川区

町田市、八王子市、多摩市

狛江市、稲城市

 

 

おねがい行政書士

日本全国から行政書士を

探せるサイト

行政書士事務所.com

行政書士事務所が検索できる『行政書士事務所.com』